~magmagニュース2017.5.5~
年間の交通事故死者は5000人以下になってきているが、入浴とそれにまつわる事故死者は、年間約2万人もいるとされる。入浴事故の多くは高齢者で冬に、熱い風呂で起きている。 直接の死亡原因は脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞。入浴によって汗をかくことで血液粘度が増すと、血管が詰まったり、破れたりすることにつながる。 だから入浴前後の水分補給が重要なのである。少し古いですが、1986年~2001年の上山温泉のデータで入浴中に死亡した人の約8割がお酒を飲んでいました。飲酒しての入浴はリスクが高いのだ。深酒したときは入浴禁止、晩酌程度であれば、1~2時間後に入浴すること。

交通事故死者の4倍。なぜ高齢者の「入浴事故死」が多いのか?

 

★びわ茶本舗株式会社・・・おいしい「びわ茶」できました。
since1992 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-8-25 tel 0586-43-2680 fax0586-43-2681
http://biwahonpo.jp