~magmagニュース2017.2.13~人食いバクテリアの被害が増えているという。原因となるバクテリアは主として、Vibrio菌と溶連菌。正式には「壊死性筋膜炎」と呼ばれ、主に四肢の筋膜にバクテリアが取りついて、急速に壊死が進行する。速やかに壊死を起こした部位を切断して、大量の抗生物質で細菌を撃退しないと死に至る、極めて重篤な感染症である。菌に汚染された魚介類を食べて感染したり、傷口から感染したりする。発症すると患部は極めて痛い。致死率は70%。肝臓病や糖尿病などの基礎疾患のある人に好発し、健康な人はほとんど発症しない。Vibrio菌よりずっと恐ろしい溶連菌。「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と呼ばれ、日本では2015年には431人、去年は11月半ばまでに442人に上り、この勢いだと年間500人を超えそうである。劇症型を発症すると、四肢に激痛を覚え、1時間に2~3センチの速度で壊死が進行していき、早ければ24時間で患者は死亡する。死亡率は約30%。命が助かっても脚や腕を失うことも多い。

日本で「人食いバクテリア」感染が過去最多。致死率30%超の恐怖

 

★びわ茶本舗株式会社・・・おいしい「びわ茶」できました。
since1992 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-8-25 tel 0586-43-2680 fax0586-43-2681
http://biwahonpo.jp