~ギガザイン2017.2.21~若年期と老年期で人の性格は変化し、共通する部分や相関性はほとんどなくなるという研究結果が発表されました。イギリス心理学会によって63年前に開始された。研究者らはスコットランドに住む14歳の少年少女1208人に自分の性格についてのアンケートを取りました。アンケートは自信・根気・気分の安定性・独創性・誠実さ・学習意欲という6つの要素が評価されるもので、これら6つの要素は最終的に「信頼性」の評価を作りだすものと考えられています。被験者らは1950年当時に行われたアンケートと同じ質問に回答するとともに、被験者らの家族や友人にも被験者に関する同様のアンケートが取られました。すると、63年前に実施されたアンケート結果と重複する部分がほとんどないことが判明。「63年の時を経ても人の性格には共通した部分があるだろう」と仮説を立てていたのですが、仮説が裏切られる形になったわけです。10年・20年では過去と現在で人の性格に共通する部分があっても、スパンが長くなると両者の関係性はほぼなくなるようです。
http://gigazine.net/news/20170221-personality-teenager-septuagenarian/

 

★びわ茶本舗株式会社・・・おいしい「びわ茶」できました。
since1992 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-8-25 tel 0586-43-2680 fax0586-43-2681
http://biwahonpo.jp