天然産無農薬の中国天然びわ茶 おいしい健康茶できました 飲みやすさで健康効果をつくります お得!初回限定キャンペーンも実施中 ご依頼は通販で
ブログ

最新医学とびわ茶ワンポイント

砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査

~朝日デジタル2017.11.22~砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった。論文によると、でんぷんの炭水化物に比べ、砂糖は心臓に有害だとする研究発表 …

ADHD児への運動効果は

~ケアネットニュース2017.11.23~ADHD(注意欠陥・多動性障害)治療の主流は、薬物療法と行動および心理的な介入。治療戦略としての運動介入については、あまり注目されていない。運動介入についてシンガポール国立大学の …

体臭とセックスアピールの意外な関係

~ニューズウィーク2017.11.9~スイスのベルン大学の研究者チーム。血液中のヒト白血球抗原と呼ばれるタンパク質に注目。ヒト白血球抗原は、体内に侵入した異物を免疫細胞が見分ける手助けをする。さらに私たちの体臭に影響し、 …

日本の喫煙者のがんリスク、禁煙何年で喫煙歴ゼロと同じに?

~ケアネットニュース2017.11.14~日本人のがん罹患リスクは、男性で21年以上、女性で11年以上禁煙すれば、喫煙歴のない人と同レベルまで低下することが、東京大学の研究で明らかになった。男性では、20 pack-ye …

夜間の傷は治りが遅い、体内時計に関連か

~AFP通信2017.11.9~切り傷ややけどを昼間に負った場合、夜間に負った場合に比べて傷の回復が約60%速いことが分かったという。研究チームは、体内時計(概日リズム)が原因でこの差が生じているとしている。体内時計が睡 …

日本人男性、ストレスでがんリスクが増加

~ケアネットニュース2017.10.26~ JPHC研究(Japan Public Health Center-based Prospective Study)のデータから、知覚されたストレスレベルが高いと男性のがん罹患 …

朝食抜きの人は動脈硬化リスクが高い

~ケアネットニュース2017.10.23~ 朝食抜き(朝食が1日の総エネルギー摂取量の5%未満)は高エネルギー朝食(朝食が1日の総エネルギー摂取量の20%超)と比べて、従来の食事性心血管疾患リスク因子の存在とは関係なく、 …

「検体として魅力的」、精液が秘める可能性

~日経デジタルヘルス2017.10.11~ 精液から受精力だけでなく、健康状態も調べる――。こうした取り組みをベンチャー企業のダンテが進めている。同社が着目したのは、精液の成分検査である。これによって男性の生殖機能や健康 …

フィンランドの認知症死亡率はなぜ世界一高い?

~ケアネットニュース2017.10.11~ フィンランドの認知症死亡率は世界の中でも最も高い。考えられることは次の通り。・非常に寒く、湿気が多い気候のため、神経毒性のマイコトキシンを産生するカビを住宅に宿しやすい。・フィ …

15年間植物状態の男性の意識を回復、定説覆す

~Webナショジオ2017.9.27~ 植物状態が1年以上続いた場合、症状は恒久的とみなされ、回復の見込みはないと考えられてきた。自動車事故後に15年間植物状態だった男性が意識を取り戻したというニュースは驚きを持って受け …

1 2 3 10 »
facebookページリンク
GetAdobe

PDF形式の書類の閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要です。上画像リンクよりダウンロード(無償)して利用ください。

PAGETOP
Copyright © びわ茶本舗株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.